2005年 01月 24日 ( 1 )

2005年 01月 24日
俺的凄ゲーファミコン版
どうも、今日は特に何も思いつきません、グラッツェ!です。



ブログを始めてそろそろ一ヶ月が経過しようとしていて、
徐々にネタが切れてきたので友人のサイトでやってた
「俺的凄ゲーTOP10ファミコン版」という企画を丸パクリしようと思います。
凄ゲーは良くも悪くもという意味なので、俺が好んで以下のゲームを
やり込んだと思わないで下さい。そしてTOP10形式でもないです。
タイトルとコメントの羅列です。



●『ドラゴンボール 神龍の謎』
凶悪なシステムと回復アイテム等のアイテムが運に左右されるという、
半端なく難度の高いゲームです。
後、原作の連載がピッコロ大魔王すら出てきてない時に発売されたのに、
奇怪な宇宙にまで旅立ってしまうストーリーは圧巻。

●『ドクターマリオ』
猛烈に作業的な落ちモノパズルゲーム。ファミコンミニシリーズで
復活したのが記憶に新しいゲーム。
一言で言うならば「地味」。がしかし対戦は上手い人には絶対勝てない。
このゲームには対戦においてぷよぷよ』のようなまぐれは存在しない。

●『美味しんぼ』
スタートボタンを押すと流れる「エリーゼのために」がシュール。
それと、原作をここまで小馬鹿にしているのは珍しいと思います。
ぜひ、プレイしてゲラゲラ笑って欲しい一品。

●『ロックマン』
初代ロックマンは以下のシリーズでは当たり前のようにあった
アイテムがないという意味でメチャ難しいです。
Eカプセル(正式名称かどうかも分からないけど俺の周りではこう呼んでた)
なんてもちろんないですよ。
これは俺的にクリアは無理。でも個人的にガッツマンが好き。

●『ドラゴンクエスト』
初代ドラクエもリメイク作品でなく、ぜひファミコン版を試してほしいです。
バランスがメチャメチャで、RPGの芽生えみたいなのを感じることができるよ。
とにかくべホイミを覚えるまでがえらく大変。

●『ダウンタウン 熱血物語』
俺がこれが大好きで大好きで!もう「まっはたたき」が大好きです。
りゅういちりゅうじが強すぎでたまりません。

●『たけしの挑戦状』
俺が語るまでもないクソゲーの代表格。
「2コンで歌う」イベントは何気にDSだったらクリアできそうかも。
DSで移植されてまでやりたいとは全く思わないけどね。

●『魔界村』
ええと、まず一面をクリアできません。
今、このゲームを極めようとも思わんし。
一応アクションの王道ってことで挙げときますわ。

●『グーニーズ』
映画をゲーム化って大抵失敗してるんですけど、これは普通に名作。
普通に良くできたゲームだと思う。

●『忍者ハットリくん』
激難アクションゲーム。ヌルそうなんですけどねー、イメージ的に。
ちくわを取りまくれ!

●『高橋名人の冒険島』
今の子供たちは高橋名人を知らないんじゃないか?
同様にBダッシュも死語になっていると思うとファミコン世代はさびしいっすね。
これも激難です。これまた極めたいとも思わないが。


とりあえず思いついたものを思いついただけ書いてみました。
まだまだ良質ゲームもクソゲームも山ほどありますけど、
とりあえずこの辺で。皆さんの凄ゲーも良かったら教えてください。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-24 00:00 | ゲーム