2005年 08月 29日
『美味しんぼ』が異常
俺はマンガが好きで、結構マンガを持っているんですが、
その中でも一番ひとつのマンガで巻数が多いのが『美味しんぼ』だと思う。
60冊くらい持っているかと。

で、それを最近読み直しているんですけど、
山岡士郎の回りが結婚を意識しだしてから結婚に至るまでの、
二木さんや近城、栗田さん、団社長、田畑さんとかが異常じゃないかと
思い始めましたよ。

たかが仕事でオーストラリアに行くのに危機感を募らせて、
海原雄山をそそのかして至高のメニューとの対決をさせて
究極のメニューの面々をストーキングして
あからさまな助言を与えて調子乗る団社長。

山岡と結婚したいがために、近城、団社長、田畑さん等を
味方につけて利用しようとする二木さん。
そんな気持ち悪い過程を延々と見ながらよく近城は
二木さんと結婚しようとする気になったもんだ。

さんざ山岡に夫婦仲の危機を助けてもらっているにも関わらず、
猛烈な勢いで山岡をけなす田畑さん等。

海原雄山を自分の結婚式に呼ぶ為に、近城・二木さんを利用し、
あまつさえことあるごとに栗田さんをストーキングするぐらい
好きな団社長を振っておいて、その式のために
骨の髄まで吸い尽くす勢いで利用しようとする栗田さん。

クビにならない冨井副部長。

海原雄山との一件で、最初は雄山の非であった設定が、
次第に雄山の設定がバンバン変化し、だんだん山岡の
幼稚さにすりかえられていったのがありありと分かるのも最初から
読んでいればこそ。

でも俺は昔のギラギラしている雄山も相当好きだったぜ。
渋滞でイライラしている雄山の名言、

「馬鹿どもに車を与えるな」

はここ最近の雄山からは考えられないよ。
昔の雄山はどこへ行ったんだ…。


と、まあ、『美味しんぼ』を最初から読むとその変わりっぷりが
楽しめるのでおすすめです。
山岡は1~5巻くらいが一番かっこいい。
今からは想像つかないよ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-08-29 00:00 | マンガ


<< 旅行の計画進まねぇ…      『三国志大戦』をやってみた >>