2005年 06月 19日
『機動戦士ガンダム2 哀・戦士編』
どうも、日本代表の練習風景が映る度に、中田英の
海パンのようなハーフパンツにハラハラします、グラッツェ!です。



『機動戦士ガンダム2 哀・戦士編』をレンタルして観ました。
一応、次の『めぐりあい宇宙』も借りてあるんですけど、
まだ観てません。

相変わらずピンク色大好きシャアが、ズゴック(ズゴッグか?)を
気持ち悪い速さ(なんかゴキブリっぽかった)で乗り回していたり、
「ザクとは違うのだよ、ザクとは」でお馴染みランバ・ラルが
出てきたり、ハモンさんやマチルダさんなどの年増にドギマギする
アムロなど、なかなか見所が多かったですが。
しかし、その年増たちはアムロと出会った後に戦死したりしたりしてるので、
どうかと思いますが。

特に、ランバ・ラルは、「ザクとは違うのだよ」って言っても、
神懸り的な強さを見せ始めたアムロによって、
すぐ死ぬ人かなーと思い込んでいたんですけど、
結構かっこよかったので以外でした。
ナイスヒゲの人は決める時は決めますねー。
黒い三連星なんて、ジェットストリームアタックってどういう技なのかの
説明もないままに死んじゃったしね。

早く、次が観たいわー。
ゲームだと、ララァとかいう人が出てきてアムロとピキーンって
言いっぱなしな感じがしたので楽しみです。



あ、あと、リュウさん(戦死する人)がアムロのことを、
「新兵がよくかかる病気にかかったようです」とか言ってたけど、
あんたも新兵のようなもんじゃないんですかねー?
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-19 00:00 | 映画


<< 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者      ナムコとカプコン >>