<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 27日
忍者ツールズ
エキサイトのブログを読んでると、ときどき
忍者ツールズを利用してるのを見かけるんだけど、
これってどうやって使ってるのかちょっとした疑問。

使ってる人がいたら、どうやればアクセス解析できるのか
教えて欲しいです。

先日の『三国志大戦2』の記事でアクセス数が増えたりしてて、
どういう経由でこの零細ブログに辿り着いているのか
ちょっとした好奇心を持つのは、ブログ持ちやサイト持ちの
人なら気持ちが分かるはず。

自分も、よく行くブログでアクセス解析されてると
あんまりいい気持ちはしないので、
数日様子を見たらすぐはずすつもりではいます。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-27 00:00 | 日記
2006年 02月 26日
ちょ…ちょっと…え?
ちょ…、プルシェンコ様…、
あんた何やってんのさ!
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-26 00:00 | エンターテイメント全般
2006年 02月 25日
わ、忘れてた…
昨日の荒川の金メダルに触れもしないで、
散財が目に見えてるとか書いてる自分が恥ずかしい。
何すっかり忘れてるんだよと思いつつ、
色々な人のブログを見て悔しくなったよ。
ちゃんと演技を最初から見てない分
コメントも残しづらいし、損した気分です。


そんな悔しさもあってか、今日のエキシビジョンは
録画を二回見ました。
エージェント・スミスに銃撃されてるのか?ってくらいに
美しいイナバウアー。
どこかのブログで、もうアラバウアーと改名しても
いいじゃないかとの記述に同意。
いいものを見させていただきました。


そして、プルシェンコ様!
やっぱり変態的に凄いわこの御方。
フィギアスケートの持つ危なっかしさを全く
感じさせないこの人は、もうある種CG作品ですね。
いや、参りました。


特に書きたいこともまとまらず、
思ったことを直文章にした駄文ですいません。



後、散財のリストに映画を忘れてた。
4日に『ナルニア国物語』がやるではないか!
服も買わないといけないし、
『FFXII』も予約してきたし…。

ええと、色々と頑張ります!
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-25 00:00 | エンターテイメント全般
2006年 02月 24日
散財が目に見えてます…
最近、欲しいもの、行きたい所、やりたいことが多くて、
散財が目に見えています。

ブログでこんなこと書くのはアレですが、備忘録代わりに
使わせていただきます。

More
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-24 00:00 | 日記
2006年 02月 23日
し…執事…?
昨年、メイド喫茶がブームになったのは記憶に新しいですが、
今度は執事喫茶というのが池袋にできるそうです。
ちいさな創造さんのところで知り、
それは執事喫茶Swallowtailという店名らしいです。

執事というのがよく分からないというか
様々なメディアで登場するイメージではお嬢様に振り回される、
言わばイジラれ役で、メイドみたくスポットライトが
あまり当たらない役どころだと思うんですがどうでしょう。

しかも、雰囲気の良い喫茶店の渋いマスターは
思い切り執事とキャラが被ると思うのですが、
ダンディーな執事に囲まれるのが醍醐味になるんですかね…。


…ちょっと分からない世界だ…。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-23 00:00 | エンターテイメント全般
2006年 02月 21日
AOU2006アミューズメント・エキスポ
遅れながら、AOU2006アミューズメント・エキスポに
行ってきた感想などを。

アーケードゲームの展示会ということで、
入場料700円(割引券を使ったので)を払い、
会場内にある全てのゲームが無料で遊べるという
たまらないイベントということで楽しんできましたよ。

クレーンゲームやお菓子をシャベルですくうゲームなんて
久しぶりにやったんですが、童心に戻れますね。
他にはメダルゲームがやはり多かったのですが、
換金できないゲーセンのメダルゲームには
そんなに興味がないので、あまり触らず。

他には、三国志大戦2の情報は前回のブログで書きましたが、
その他にはバーチャ新作やソウルキャリバー新作などが
プレイアブルな状態でありました。
それも含めて続編物が多いですね。

その中でも一時間半近く待ってやったのが、
THE HOUSE OF THE DEAD4 SPECIALです。
c0020381_042696.jpg

このゲーム自体は有名なガンシューティングなんですが、
それがアトラクションで楽しめるということです。
ライドに乗り込んで、その前後にある巨大画面で
ガンシューティングするのですが、結構激しくライドが回転します。
敵から攻撃を受けるとエアが噴出されたりと、結構な臨場感を
味わえちゃったりします。
俺がガンシューティングが下手なこともあって(タイムクライシス3も
あってやったのですが、すぐゲームオーバーになりました…)
一面のボスでやられたんですが、ガンシューティング好きには
ぬるく感じるのではないでしょうかね。
しかしながらかなり面白かったです。

どのゲームもだいたい1PLAY交代だったのですが、
そのためにいちいち並ばなきゃいけなかったので、
お菓子を取るゲームばっかりやってました。
一応↓のようなものも取りましたけど…。
c0020381_049167.jpg

並んだ甲斐あって取れたんですが、
やたらとでかいし、帰りに電車でジロジロ見られるし、
狭い部屋で持て余し気味です。
うーん…。

こういう直接的にモノが絡むクレーンゲームの行列っぷりは
愛知万博におけるフランス館ぐらいの規模でした。
一つ取るのが精一杯でしたよ。

こういうアーケードゲームのイベントって、
ゲーマーにも非ゲーマーにも楽しめるので、
類似のイベントがあったら是非足を運んでいいと思いますよ。

後、地味にこういうのがあったんですが、
これはプライズなのかなやっぱり…。
c0020381_0552430.jpg

普通に売ってたら買うのにな…。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-21 00:00 | ゲーム
2006年 02月 18日
『三国志大戦2』
AOU2006アミューズメント・エキスポに行ってきました。
アーケードゲーム版東京ゲームショウみたいなもんです。
万博に行ったとき並に疲れたので、『三国志大戦2』の最新情報だけ、
簡単に紹介。

●既存のカードは新たに書き起こされるみたいです。
 それがどれくらいの規模になるのかは不明。
 また、既存のカードも引き続き2でも使えるみたいです。

●象が城門を攻城している場面がありました。
 攻城兵か新たな兵種かは分かりませんが、
 武将名に「孟獲」とあった画面も確認したので
 他軍か、またおそらくは新勢力として「南蛮」が追加されるだろうと
 見ています。
 孟獲自体は、諸葛亮の南征の際に捕まっては逃がされを
 繰り返した人ですね。

友人と見ていたんですが、やはり象の印象がでかかったです。
やはり攻城兵っぽくなるのかと…。
なんにしても、南蛮特有の兵種になるというか、
それ以外の勢力が使えたら、SEGAはどうかしてると思うよ。
後は、1のカードが今後多少の希少価値が出てくるかも。
2でも1のカードが出たら話は別ですが。

特に目を引いた情報はこんなもんです。
それ以外のゲームについては、明日以降になると思います。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-18 00:00 | ゲーム
2006年 02月 17日
馬鹿
スノボクロス凄い…ていうか馬鹿だ。
ちゃんと成立していて、いいレースになってるのが不思議。
ウインタースポーツってなんか妙だ…。


プルシェンコ凄え…。
全てが完璧だけど、ハク(『千と千尋の神隠し』の)みたいに
何かを吹きかける仕草だけが小憎らしい。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-17 00:00 | エンターテイメント全般
2006年 02月 16日
ノルウェーの生ける伝説
昨日のカーリング、日本ノルウェー戦は凄かった。
まず、どちらの国の選手も皆、20代くらいと若いのに対し、
ノルウェーのスキップが柴田理恵みたいなオバサンで
初めてテレビに映ったときにはびっくりしたものですが、
解説を聞くとこの人、今大会で国際大会通算400勝を達成した
大ベテランで、生ける伝説とか言われてるみたいです。

まだ、カーリングを数試合、しかも録画を見た程度なので
解説を鵜呑みにして見ていたのですが、
このオバサンが揺さぶる揺さぶる!
この人のドローの正確さは、氷の質に違和感を覚えたらしく
あまりよくはなかったのが見てて分かったのですが、
あ、ここ仕掛けた!というのが素人目にも分かり、
そこで3点という大量得点をあげてこの相手じゃ勝てないわ…と
思って、ネットメインでチラ見観戦に切り替えました。

またこの人が叫びまくってて、それに驚いた。
カーリングって、スイープするかどうかなどをを、妙な掛け声を
かけまくって意思疎通をはかっているのですが、
このオバサンの叫び声だけで、スイープしなくても
30センチは進むんじゃない?とか思ったほどでした。
こういうところでも気持ちを乗らすんだろうね。
さすが大ベテラン。
1試合で20回、ストーンを滑らす(ドローというらしいです)とはいえ、
いかに集中力を切らさないか、ドローの失敗に対して
戦略を切り替えるかなどの頭の回転を求められるからこそ、
こういう精神的支柱がいてくれると安心するんだろうな。



このカーリングという競技で、スキップの重圧が異常過ぎないか?と
10エンド(野球でいうところの9回)のドローを見ていると
痛いくらいに感じます。
スキップはチームの最後、つまり4番目に投げる人のことですが、
ハウス(円のこと)の中央にストーンを一番寄せたチームにしか
得点が入らないというルールが設定されているために、
スキップの投げた1投で試合が決まることが頻繁にあるという、
そんな異常なプレッシャーがかかる場面にも関わらず、
ドローする際に繊細な力加減を要求されるカーリングという競技。
強靭な精神力が必要とされるなぁと関心しきりです。
小野寺凄いよ…かわいいとか好みとか言ってる場合じゃない。
残り数試合ですが、これから真剣に応援します。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-16 00:00 | エンターテイメント全般
2006年 02月 14日
カーリング!!
トリノオリンピックについて、このブログで全く触れていなかった
わけですが、それは昨日までニュースで結果を流し見るくらい
しかしていなかったのが理由で、そもそも冬季オリンピックは盛り上がりに
欠けまくりますね。
イタリアにこんな雪があるんだ~ぐらいな感想しか
抱かなかったですし。

盛り上がりに欠ける理由は、競技にあるようなウインタースポーツ自体に
馴染みがなくて、観戦していてもよく分からないなど
いくつかあると思うのですが、ようやく、今日、
テレビ観戦しましたよ。

DVDレコーダーの便利さを痛感しつつも
見た競技はスピードスケートではなく、
リュージュとカーリング。
スケルトンは後日とのことです。

リュージュは凄いね。
あんなソリの上に仰向けに寝て、
マックスで120キロ以上出るんだもんね。
選手で、リュージュをやろう!と思った瞬間ってどんなだろう
とか思ってしまうほど命知らずな競技じゃないですかね。
スケルトンもまたしかり。



そして、カーリング。

予選で日本とロシアの試合があり、逆転負けしてしまいました。
まず、スキップ(最後に投げる人)の小野寺歩が好みだわー…。
しかし右手薬指に指輪。はい、どうでもいいこと。

見始めのときはスイープ(あのモップみたいなのでシャカシャカすること)に
ゲラゲラ笑っていたのですが、
ルールを知っていくごとに、ルールの絶妙さに唸りますね。
見たのは録画で、かなりカットされていたりするので
完璧にはルールを把握しているわけではないのですが、
氷上のチェスとはよく言ったものです。
見ていてメチャメチャ面白い。
ウンイタースポーツに限らずなんですが、スポーツの醍醐味である
ダイナミックさはまるでなく、こんなに静かに唸れる
スポーツはないぞ多分…。
小野寺のヒット&ロール(相手のストーンを押し出しつつ、
自分のストーンを円に持っていくテクニック)が見事に決まって、
相手のストーンを2つはじき出して自分のストーンは
円の中心近くに持っていったときも「おおお」と
静かに唸り声を上げたくらいですし。
負けはしましたけど、日本代表には頑張ってもらいたいものです。

カーリングを観戦だけでなく、猛烈にやってみたいのですが
あれって試合には8人必要なんですね。
ブーム起こんないですかね?
ボーリングくらいの手軽さで出来る感じに。
スケート場の一角を利用してさ。
絶対面白いはずなんですよ。
なんかもったいないです…。


最後に、スイープって、どれくらい効果があるのだろう…
とか見てると思いません?
三人がかりで必死にスイープしてると、摩擦が限りなくなくなり、
エネルギー保存の法則でどこまでも滑っていく感があるのですが…。



『三国志大戦』は1勝2敗で散々でした。
俺はとことん下手だなぁ…と痛感しました。
旧R馬超でとことん伏兵を踏み、とことん一騎打ちで負ける…。
1勝も、デッキの相性で勝った様なもの。
キーカードがSR曹操を中心としたALL騎兵相手に、
こっちがRキョウイと新R関羽いりゃ勝てるって。
「はい、そこまで!」で迎撃しつつ、敵城門前で
不動大車輪すれば、ね。
練習あるのみですね。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2006-02-14 00:00 | エンターテイメント全般