<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 30日
こういうの作れる人ってすごい
どうも、スターウォーズのボトルキャップが出回ってますね、
グラッツェ!です。ジャンゴ・フェットが当たって結構うれしいです。
しかしながら、ハン・ソロもラインナップに出てて、
これはあり得なくない?とか思ったんですけど。
チューバッカでなく、ハン・ソロ。えええ?



今日は『影牢2』を買ってきたんですが、まだやってないし、
ネタがないので、こういう時には他グログさんのところで
面白かったのをリンクしてお茶を濁したいと思います。
ゲームとか適当にさんのところで紹介されていた、
マイケルクエストです。
ファミコンとマイケル・ジャクソンの夢のコラボレーション。
なんというか、ファミコンが懐かしいというか、出展ゲームがかなり分かってしまう
自分はやっぱりゲーマーだなぁと思いました。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-30 00:00 | エンターテイメント全般
2005年 06月 29日
『キラー7』
どうも、三ツ矢サイダー飲みまくり、グラッツェ!です。



今まで、『サモンナイト3』をやっていたんですが、ようやくクリア。
何か、物凄い古典的なシュミレーションロープレで、
やたらと憑依がウザかったんですが、レベル上げまくって
力押しでなんとか終わらせました。
憑依っていう概念は説明しにくいんですが、
要は攻撃力や防御力を下げるスタータス異常があって
魔法でほぼ確実にかかり、それでいて治療の手段がなくて
やたらとやっかいでした。
ストーリーとかは面白いというか、うまかったなー。
後はキモな感じの「ブレイブクリア」という概念は、レベルを上げすぎると
駄目だということなので、中盤からは無視しました。
パーティポイントというのが増えるだけなので、
序盤である程度貯めたのでなんとかなったし。
ちなみにパーティポイントで、パーティ能力という、
反撃時のダメージが増える等の自動でかかるパーティ能力って
もんですな。
ベストで安価で買った割には、相当楽しめました。
オウキーニっつーキャラがお気に入りです。



で、タイトルの『キラー7』。
とりあえず、積みゲーってのにしてたんですが、
すごいね色々とこのゲーム。
ザッツ独特の世界を持つ暴力ゲームて感じで。
序盤を触っただけなのに、異常な世界観。
「殺死」という表現や「秒殺で射精」とか手紙に書いてきたり、
話している間中中指立ててる人とか。
あぁ、馴染める気がしないでもないけど、まぁ、
明日は『影牢2』の発売日だし、このシリーズはやらないと
気がすまないのでやるし、そんなわけでまた積みゲーに戻ってもらいます。

あー、『影牢2』楽しみですなー。
ごっつい鎧着たジェネラルとか、巨大な鎌持った奴とかを
早く罠に仕掛けてみたいですな。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-29 00:00 | ゲーム
2005年 06月 26日
マンゴーカルピスウマッ
どうも、積みゲーってのは軽くプレッシャーになってきますね、
グラッツェ!です。でも、『ちびロボ!』もやってみたいんすよね。



オカンが田舎から帰ってきたときに、叔父さんから持ってけと
言われたものにこんなのがありました。

c0020381_1422054.jpg


季節を彩るカルピスで、今まで散々微妙なものが
出ていたんですが、今回はバナナとマンゴー。
バナナはやっぱりというか、微妙な感じだったんですが、
まぁ、牛乳で割れば飲める感じで。

そして、マンゴー。うまいわこれは。
果物としてのマンゴーはそんなに好きではないんですが、
こうしてジュースとかになるとうまいですね。
しかも、ねっとりとした甘さってのは、カルピスの甘さと
似通ったものがあるので、このコラボレーションは成功だね。

ただ、ひとつの難点は、高いと言うこと。
定価が400円で、近くのスーパーでは260円でした。
200円で買えるなら買い占めるのになー。
ちなみに、普通のカルピスはドンキでいつも200円で
売っているのでよく買っています。
カルピスうまいわ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-26 00:00 | 日記
2005年 06月 24日
昔の氷室京介はどうかしてる
どうも、友人の友人が、アナリストのことを、アナル主義者だと
勘違いしていたという話を聞いて爆笑!グラッツェ!です。



居間にあるネットに繋がったデスクトップトップのパソコンが
古くて末期的状態で、機械大好きな親父がDELLというクセのある
メーカーのパソコンに買い換えたんですよ、安くてマシンスペックがいい、
そしてモニターがワイドだという理由で。
しかも買うだけ買っといて、面倒だという理由で、ネットに繋いだりとかの
作業は押し付けられたりしたんですが。

その作業中、昔の氷室京介のCDをなぜかひっぱり出して聞いていました。
中学から高校にかけて好きだったんですよ。
で、今聞いて、何ていうか、こっちが赤面するくらい恥ずかしい歌詞ですわ。
懐メロともビジュアル系とも違うこの恥ずかしさってのは
氷室独特ですなぁ。
ひとつの曲にアバンチュールランデブーといった恥ずかしワードが
きっちり入ってますしねー、SUMMER GAMEって曲ですが。
アバンチュールな誘惑と海からの風が共犯者さってフレーズで
お馴染みの。
語尾の「さ」が、「サ」と表記されてないだけまだ救いがあるんですがね。
他の曲だと、「サ」がちゃんとあったりするので、またいいものがあるんです。

でも、久しぶりに氷室聞くといいわー。歌うまいし声かっこいいし。
しかも『Collective SOULS』っていうベスト版にSTRANGERっていう
昔の曲を新しくレコーディングしてあるのんですが、オリジナルを聞き比べると
新しくレコーディングされてるのがかっこいいんですよ。
歌い方の違いからなのか、またさらに歌がうまくなっているのか、
かなり違ってて、いいんですよ。
しばらくの間、氷室ブームが10年ぶりくらいに来そうです。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-24 00:00 | エンターテイメント全般
2005年 06月 22日
機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者
どうも、最近ガンダムについてよく書いていて、
興味のない人にとってはどうでもいいことですよね、グラッツェ!です。



と、いうわけで、『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』を観てきました。
タイトルのZガンダムはまったく出てこず、これもまた
三部作構成とのことです。
レイトショーだったので客は少なかったんですけど、
まず客層が今まで経験したことのない感じでした。
そして回りの人たちの会話が凄いよー。
俺みたいなガンダム初心者がこのサバトに参加してもいいのか?って
くらいでしたが、とりあえず上映された。
スターウォーズの予告編でダースベイダー見れて、
それだけで結構満足だったんですけどね。

映画を観に行く時はパンフを買う事にしているんですが、
それを必死に始まる前に読んで予習。
Zガンダムについての下準備はそれくらい。
テレビシリーズのあちこちを編週してあるのが本作なので、
こういうのを読んでないと全く分からないんですよね。

そして、観終わった後、面白いなぁ、と。
昔放送されたテレビシリーズの絵と、新しく書き足された絵が
明らかに違って入り乱れるので疲れるんですけど、
やっぱガンダムはすげーなー。
またまたえげつないことこの上なかったんですけど、
相変わらず、ピンク色大好きシャアがクワトロと名前を変えて、
スターがつけるサングラス(マイケルジャクソンとか中田英寿とかが好んで
つける巨大なサングラス)をマスクの変わりに着用して大活躍なので
良かったと思います。
後、百式がガンダムに出てこない感じのデザインでかっこいい。

急ぎ足で『機動戦士ガンダム』三部作を観た直後だったので、
こうして前作のキャラが結構出てくるってのは続編の強みで
思い入れも違ってくるしね。
早く次回作が観たい、そしてガンダムにはまってく自分がいるよ。


最後に、劇場での印象に残ったことと言えば、シャアとアムロが
再会したときに、一つ席を離して座ってた人が
手で顔を拭ってたのを見てびっくりして、これはただ目にゴミが
入っただけだよね?と思ってしまったよ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-22 00:00 | 映画
2005年 06月 19日
『機動戦士ガンダム2 哀・戦士編』
どうも、日本代表の練習風景が映る度に、中田英の
海パンのようなハーフパンツにハラハラします、グラッツェ!です。



『機動戦士ガンダム2 哀・戦士編』をレンタルして観ました。
一応、次の『めぐりあい宇宙』も借りてあるんですけど、
まだ観てません。

相変わらずピンク色大好きシャアが、ズゴック(ズゴッグか?)を
気持ち悪い速さ(なんかゴキブリっぽかった)で乗り回していたり、
「ザクとは違うのだよ、ザクとは」でお馴染みランバ・ラルが
出てきたり、ハモンさんやマチルダさんなどの年増にドギマギする
アムロなど、なかなか見所が多かったですが。
しかし、その年増たちはアムロと出会った後に戦死したりしたりしてるので、
どうかと思いますが。

特に、ランバ・ラルは、「ザクとは違うのだよ」って言っても、
神懸り的な強さを見せ始めたアムロによって、
すぐ死ぬ人かなーと思い込んでいたんですけど、
結構かっこよかったので以外でした。
ナイスヒゲの人は決める時は決めますねー。
黒い三連星なんて、ジェットストリームアタックってどういう技なのかの
説明もないままに死んじゃったしね。

早く、次が観たいわー。
ゲームだと、ララァとかいう人が出てきてアムロとピキーンって
言いっぱなしな感じがしたので楽しみです。



あ、あと、リュウさん(戦死する人)がアムロのことを、
「新兵がよくかかる病気にかかったようです」とか言ってたけど、
あんたも新兵のようなもんじゃないんですかねー?
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-19 00:00 | 映画
2005年 06月 17日
ナムコとカプコン
どうも、いい加減リンクを張らなければ、このブログを
リンクしてくれている人に失礼だな、と思いつつも
放置しっぱなしだ…グラッツェ!です。



ちょっと前ですけど、ようやく『ナムコクロスカプコン』終わりました。
ファミ通にかなりボリューミーと書いてあったんですが、
『ドラクエ7』に迫るんじゃないかと思うくらいの時間を
費やして、ようやく終了。
最後の方は、何か意地になってやりました。

やっぱりキャラゲーであるために、物凄いゆるい難易度な
シュミレーションRPGで、それでいて敵増援がちょこちょこあって、
かなりうざかったですよ。
時間はかかるが、確実にはクリアできるってやつですな。
『ファイアーエムブレム』やった後だったから余計感じるのかも
しれませんけど、とにかく長かった。
それでいて、盛り上がりに欠けるというか、え、これでラスト?と
思わざるを得なかったんですけど、
まぁ、いろんなゲームが入っているのでしょうがないとも
思えるわけで。

…何が言いたいか分からなくなってきましたけど、
まぁ、暇な人で、ナムコとカプコンのゲームに思い入れがある人は
十分楽しめるんじゃないかと思います。
あ、あと『ゼノサーガ』のキャラのKOS-MOS強すぎ。
『ファイナルファンタジータクティクス』のシド・オルランドゥ以上に
卑怯なキャラというか、こいつ一人いれば、その章はクリアできる
んじゃないかなぐらいでした。こいつのバランスがねー。
そんな感じでした。


あー、『影牢2』楽しみ。プロモ見たらエグさがパワーアップしてて、
全シリーズやってる俺でもかなり引いたんですけどね。
VIVA☆暴力やグロテスクな表現のあるゲーム。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-17 00:00 | ゲーム
2005年 06月 15日
機動戦士ガンダム1
どうも、キーボードのiのボタンがベトベトで最悪です、
グラッツェ!です。



映画『ミリオンダラー・ベイビー』が川崎の映画館のチネチッタで
レイトショーでやっていないので、半額クーポンのある
ツタヤで『機動戦士ガンダム1』を借りてきました。
こう書くと因果性ゼロですけど、まー色々あって、
これがベストの選択なんですよ、俺的には。
説明するのが面倒なので、あえて書きませんけど。
キーワードは「シスの復讐」と「映画版Zガンダム」。

ガンダムって、『Gジェネ』とかのゲームではやっていたものの、
見るのはこれが初めてだったんですが、かなり面白いですよ。
テレビ版を映画用に再編集して公開したのが本作らしいんですけど、
違和感なく、まだ途中までですけど、見てます。
結構エゲツないシーンとか多くて、こんな昔に「戦争」をテーマに
こういうアニメが放映されてたってのは凄いな、思います。

あと、どれくらいで終わるのか見当もつきませんけど、
とりあえず、まずは最後まで見たいと思います。
ちなみに、なんかホワイトベースがドームに隠れて、
ガルマが「ジオン公国は永遠に不滅だー」とかなんかとか
面白い断末魔を上げて死んで、
デギン(で合ってる?ガルマのお父さん)がえらく塞ぎ込んでるのも、
ドズルとギレンのツラを見てるとそれがなんとなく納得できる
気がしたりしなかったりするところまで見ました。


いや、それにしても、何でガンダム好きってオタク視されるんですかね?
俺もそれが嫌で今までそんなに触れ合わずに来たんですが。
昔、俺も、サークルの先輩がガンダムについて熱く語っていたのを
内心、うわーって感じで聞いていたんですが、それは
何でだったんだろう。
先輩が「ミノフスキー粒子が戦争を変えた」とか語ってたのが
嫌だったんだろうかね。
話半分に聞いて、「いやぁ、単なる勧善懲悪の話じゃないんスねー」
とか言って話合わせたら、「そうそう、そうなんだよねー」と
さらに語りだして、うひゃあーと思ったのを思い出したよ。

ガンダム好きって語りだすからなのか。
しかも、知らない人は全く入っていけない類の話っぽいし。
これが俺の結論かもしれん。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-15 00:00 | 映画
2005年 06月 12日
「料理ができる」ということ
どうも、太ってきてます、グラッツェ!です。
68kgくらいでずっと安定していたのに、今や72kg。
いよいよ、ジュースと間食を止めなければいけない時なのか、と。



オカンが実家に数日行っているので、
家族4人分の食事を作りました。
こういうときでも外食しないのがあたしん家。
他の選択肢は「弁当を買ってくる」、ですもん。

4人分のかつ丼を作ったんですが、やっぱ料理は難しい。
きちんとカツを揚げるところから作ったはいいが時間かかり過ぎ。
結局、2時間くらいかかりました。
しかも、出した料理はかつ丼のみ。
お吸い物やサラダ的なものは面倒で作りませんでした。

思うに、「料理ができる」ってなことは、きちんと
メインのおかずがあって、それに彩りを添えるおかずが
数品作れるぐらいが、料理ができるってことなんじゃないかと。
さらに、人数が多いほど大変だし、より早く作れるのも
大切なことではないのか。
2人前と3人前って結構違いますよ、2人前くらいだったら
結構楽だと思いますもんね。
プラス予算を考えられるくらいになれば、もう「おふくろ」のレベルやね。

今まで、深夜にちょっとお腹がすいたときに、スパゲッティナポリタンとか
作って、いい気になっていたんですが、
今日のことで、俺って全然ダメだなーと思い知らされました。

今、俺が料理の腕を上げようと思ったら、凝った料理一品ではなくて、
サラダやらお吸い物などの、メインのおかず以外のものの
レパートリーを増やすということだと思いました。
「メインのおかず」なら本見ながら作れば、そこそこ食べられるくらいの
ものは作れますしね。

お弁当を作ることを日課とすれば、料理の腕は恐ろしく上がると
前々から思ってたんですが、未だに実行できず。
少量を数多く、短時間でっていうのは難しいですもんね。
しかも、飽きないように違ったものを入れなきゃいけないですし。

あー、冷蔵庫の余り物とかを使って、手早く旨い物を作るのが
憧れだわー。
「クッキングパパ」こと荒岩一味に憧れるわー。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-12 00:00 | 日記
2005年 06月 11日
暴君ハバネロ栽培中
どうも、『ピューと吹く!ジャガー(9)』に大爆笑、
グラッツェ!です。あー、この漫画おもしれーなー。



東急ハンズで「暴君ハバネロ栽培キット」なるものを5月の
はじめ頃買いまして、それを育てています。

c0020381_0465668.jpg


写真はキットの中身。土と鉢と種が入ってます。
半月以上経っても芽が出なくて心配だったんですが、
名古屋から帰ってきたら芽が出ていたので一安心。

c0020381_0501194.jpg


分かり辛いかも知れませんけど、今日撮った芽。
毎日、成長しているのが見て分かるくらい大きくなっているので、
毎日見るのが楽しみです。

日本の気候とかだと、そこまでは辛くはならないと思うんですが、
収穫できたら、何かしらの料理にして食べたいと思います。
本場のは、直接手で触ったらマズイというくらい危険な
モノらしいですけどね。

しかし、こうやって写真のせてると、自由研究ぽいな。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-06-11 00:00 | エンターテイメント全般