<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 31日
ニンテンドーDS買いましたわ
どうも、コルド大王です。



嘘です、グラッツェ!です。



え?コルド大王って誰?だって?
HAHAHA、馬鹿だなー。フリーザのお父さんに決まってるじゃないか。



と、言うわけで。
ニンテンドーDSと『大合奏!バンドブラザーズ』をセットでお買い上げ。

c0020381_2161196.jpg


このゲーム本当に止められないすよ一旦始め出すと。
ここでゲーム内容を説明すると、要はタイミング良く色々なボタンを押す
ありがちって言えばありがちな音ゲーなんですけど、
一曲を構成している楽器全てをプレイできる点が凄い。
メインのメロディーパートを始め、ベースパートやドラムパートまであって、
かなりボリューミーな感じ。一曲中最大で8パート用意されてるので、
やりがいがあるんですよねー。
そして、DSを持ってる人がいれば最大8人まででそれぞれのパートを
割り振ってセッションしたりできるらしいので、ホント面白い。
ゲームと楽器のいいとこ取り。周りの人にDS買わせたいもん。

手放しで褒めてますけど、問題点もちょこっと書いておこうかな。
十字キーを押し辛いのと、無理にタッチパネルに対応させなくても
いいんじゃないかと思う。
キー操作で曲を選んだりして開始するところまでいけないのは面倒だと思った。

あと個人的なことをこんなところで言うのもなんなんですけど、
Xボタンを押す指示が出てるときに、頭の中でプレステの×ボタンと混合して
Bボタンを押してしまいます。
『パラッパラッパー』とかで慣れしまった頭の切り替えが難しい…。


あとDSを持ってる人がいたら聞きたいんですけど、
液晶保護シールって貼ってます?
間違いなく下の画面は傷つきそうなんですけど、見づらくなんないですかね?
未だ傷がつくのが怖くて恐る恐るタッチしてるんですよねー。

あの液晶保護シールの値段てボリ過ぎだと思うの俺だけですかね?
iPodのを買ったときにも思ったことなんですけど、
500~600円てするもんなんだ…。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-31 00:00 | ゲーム
2005年 01月 29日
10億分の1の男
どうも、好きな必殺技は「ギャリック砲」、グラッツェ!です。



ツタヤでオンラインクーポンで半額キャンペーンをやってたので、
アルバムやらDVDを借りてきてホクホクですよ。
そんな中で『10億分の1の男』という映画が面白かった。
映画よりもマンガで描かれた方が面白くなりそうな内容。リメイクもされるそうな。

説明不足で分かり辛い点や掘り下げればもっと面白くなったとは思ったものの、
運を根底のテーマとして描かれていて、斬新。
今までなかったのが不思議だと思えるくらいなんだよね、
こういう前面に運を押し出してそれを競うゲーム的映画は。

内容に関してはDVDのパッケージの裏すら読まずに見て欲しいと思うので
詳しくは書かないけど、運の神的存在とのゲームが熱いねー。

今日のニュースであった用水路で1500万円見つけた高校生が
このゲームに参加したらどんくらいまでいくかとか見てみたい。



1月27日がゲームの発売ラッシュだったけれども、何を買ったらよいかな。
もちろんDSという選択もあるんだけれども、このラッシュは嬉しい悲鳴。
GCユーザーなら迷わず『バイオ4』だと思うし、
俺も欲しいんだけど、すぐ終わりそうな気配がしなくもない。
あの新しい視点も、従来の操作と同じようにコントローラー左右で回って
前後で進んだり後退したりする仕様らしくて微妙なFPSな感じらしい。
アクション性を追求したとか開発者言ってたけど、それには絶対的に合わないよな、
あのキー操作は。なんであそこまでこだわるのか分からん。

『ラジアータ ストーリーズ』もなぜか触手が伸びず。
面白いんですかねぇコレ?やってる人がいたら感想欲しい…。
あとは『A.C.E.』も出たみたいだけど、ロボットモノ分からないのでスルー。
うーん…DS買うかなー。ソフトがやりたいのが『バンブラ』くらいなんだけど、
『逆転裁判』シリーズが出る情報を信じれば買いなんだけど。

迷います。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-29 00:00 | 映画
2005年 01月 27日
PSPバンザーイって書いちゃったけど…
どうも、マンガ『医龍』がめっさ面白いと思います、グラッツェ!です。



以前のブログで「PSPバンザーイ」みたいな内容を書いたんですけど、
このブログを読んでみてビックリですよ。
□ボタンにそんな深刻な不具合があるなんて知らなかったよ。
そして久多良木社長がそれは仕様だと言ったことが日経ビジネスに
載ったとかで波紋を呼んでるらしいですね。
このブログは記事の抜粋なんで詳しく分かりませんけど、
すっげぇな、それ。やっぱこの人面白いよ。


まぁ、これで俺はしばらくはPSPを買うことはないだろうし、
これからちゃんと改良されるとか、どんなメーカーがソフトを投入するかも
含めてじっくりと見極めてダメなら買わなきゃいいんじゃないの?
購入を考えてる普通のゲームファンである俺の温度だけれど。

…でも、いつちゃんと不具合が解消されたって分かるんだろう…。
まぁ数ヶ月様子見てなんかあったら、またこのブログで何かしら書きますよ。
もうDS買っちゃおうかな、こっちは不具合はなさそうだしね。
『大合奏! バンドブラザーズ』やってみてぇ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-27 00:00 | ゲーム
2005年 01月 26日
死にかけました
どうも、川崎ヨドバシでPSPが売ってて、思わず衝動買いしそうに
なりました、グラッツェ!です。しかも今、猛烈にDS欲しくなってるし。
気付いたらレジに持ってって、「ポイントは貯めで」って言ってそうな
自分が大好きです。



昨日、死にそうになりました。

一方通行の道をチャリで結構なスピードで走ってて、狭い片側一車線の十字路に
差し掛かったんですよ。で、その片側一車線の道路の信号が黄色から
赤に変わるとこだったんで、そのままそのスピードで行こうと思ったんですが、
自分でもなぜか分からないんですけど、すっげぇ急ブレーキをして
ギリギリ止まったら、そこを有り得ないスピードでワゴン車が通過してった
んですよ。しかも俺は車来てるから止まらなきゃ、
って感覚じゃなかったんだよな。なんで危険を察知したのか自分でも不思議。
でも本当にあのまま行ってたら絶対死んでたし。
狭い十字路で、しかもその十字路は高めの塀で区切られる感じなので、
恐ろしく見通し悪いんですよ、んで黄色から赤に変わる間際に
あのスピードで駆け抜けていこうとしたドライバーに怒りすら覚えた。
危険だったなー、そのワゴン車もその十字路から4~5メートル行ったとこで
止まってたところを見ると、相当危険だって感じたんだろうね。
しかもそこはいつも使う道で、大体の車が黄色の段階で止まるのを
見てるんで妙な安心感があったんだし。

そんなことがあって昨日から今日まで、こんな簡単に人って
死んじゃうんだーって思って、かなり塞ぎこんでましたし昨日。

どんなに気をつけても事故は起こると思って諦めるしかないのかとも
心の中でちょっと思ってますけどね。
中学生の時に、雪の日に傘さしながら信号待ちしてたら、
はみ出しすぎな鉄骨積んだトラックがきつめのカーブをした時に、
その鉄骨が頭にクリティカルヒットして5針縫ったことを
久しぶりに思い出しましたし。傘で完璧に死角になってました。

その鉄骨クリティカルも昨日のことも、思い出して今でも怖い。
この記憶消してぇ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-26 00:00 | 日記
2005年 01月 24日
俺的凄ゲーファミコン版
どうも、今日は特に何も思いつきません、グラッツェ!です。



ブログを始めてそろそろ一ヶ月が経過しようとしていて、
徐々にネタが切れてきたので友人のサイトでやってた
「俺的凄ゲーTOP10ファミコン版」という企画を丸パクリしようと思います。
凄ゲーは良くも悪くもという意味なので、俺が好んで以下のゲームを
やり込んだと思わないで下さい。そしてTOP10形式でもないです。
タイトルとコメントの羅列です。



●『ドラゴンボール 神龍の謎』
凶悪なシステムと回復アイテム等のアイテムが運に左右されるという、
半端なく難度の高いゲームです。
後、原作の連載がピッコロ大魔王すら出てきてない時に発売されたのに、
奇怪な宇宙にまで旅立ってしまうストーリーは圧巻。

●『ドクターマリオ』
猛烈に作業的な落ちモノパズルゲーム。ファミコンミニシリーズで
復活したのが記憶に新しいゲーム。
一言で言うならば「地味」。がしかし対戦は上手い人には絶対勝てない。
このゲームには対戦においてぷよぷよ』のようなまぐれは存在しない。

●『美味しんぼ』
スタートボタンを押すと流れる「エリーゼのために」がシュール。
それと、原作をここまで小馬鹿にしているのは珍しいと思います。
ぜひ、プレイしてゲラゲラ笑って欲しい一品。

●『ロックマン』
初代ロックマンは以下のシリーズでは当たり前のようにあった
アイテムがないという意味でメチャ難しいです。
Eカプセル(正式名称かどうかも分からないけど俺の周りではこう呼んでた)
なんてもちろんないですよ。
これは俺的にクリアは無理。でも個人的にガッツマンが好き。

●『ドラゴンクエスト』
初代ドラクエもリメイク作品でなく、ぜひファミコン版を試してほしいです。
バランスがメチャメチャで、RPGの芽生えみたいなのを感じることができるよ。
とにかくべホイミを覚えるまでがえらく大変。

●『ダウンタウン 熱血物語』
俺がこれが大好きで大好きで!もう「まっはたたき」が大好きです。
りゅういちりゅうじが強すぎでたまりません。

●『たけしの挑戦状』
俺が語るまでもないクソゲーの代表格。
「2コンで歌う」イベントは何気にDSだったらクリアできそうかも。
DSで移植されてまでやりたいとは全く思わないけどね。

●『魔界村』
ええと、まず一面をクリアできません。
今、このゲームを極めようとも思わんし。
一応アクションの王道ってことで挙げときますわ。

●『グーニーズ』
映画をゲーム化って大抵失敗してるんですけど、これは普通に名作。
普通に良くできたゲームだと思う。

●『忍者ハットリくん』
激難アクションゲーム。ヌルそうなんですけどねー、イメージ的に。
ちくわを取りまくれ!

●『高橋名人の冒険島』
今の子供たちは高橋名人を知らないんじゃないか?
同様にBダッシュも死語になっていると思うとファミコン世代はさびしいっすね。
これも激難です。これまた極めたいとも思わないが。


とりあえず思いついたものを思いついただけ書いてみました。
まだまだ良質ゲームもクソゲームも山ほどありますけど、
とりあえずこの辺で。皆さんの凄ゲーも良かったら教えてください。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-24 00:00 | ゲーム
2005年 01月 23日
PSPとかDSについて漠然と考える
どうも、安藤美姫をエロ(『武装錬金』風に言うとエロス)な
目で見てしまいます、グラッツェ!です。



エキサイトのブログを書き始めて、他のブログを見に行くことが
増えたんですけど、そこから思いもよらない人のブログに行き当たることが
あってこりゃあ面白いや。
平林久和氏のブログを発見して、一気に流し読み程度だけど読ませてもらった。
この方はゲーム評論家をされてて、やっぱり読み応えがあるなぁと思った。
俺はこの方をファミ通の連載にあった「ゲームの話をしよう」で永田泰大氏との
トークが印象的だったので名前を覚えていた程度なんだけど。

その中で携帯ゲーム機のニンテンドーDSとPSPについて書かれてて、
なるほどなぁと思った。その内容に触発されてタイトルにあることを
個人的考えを漠然と書いてみよう。どっちが欲しいか自分で考えるためにも。


まずDSについて。
二画面、タッチパネル式が異質な遊びとしてクローズアップされてて、
確かに『さわるメイドインワリオ』を俺が触ったこともあるせいか
すごいわ、コレということがあったけれども、これからこの機能を
昇華できるゲームが出てくるのか?
直感的にできるのは確かだけれども、十字キーでも十分事足りることを
タッチパネルでやらせているというか、
この機能をただ盛り込んであります、なだけ的な
ゲームが今発売されてたり、発売予定だったりしてる気がしてならないんだが。
今のところ、一時間くらいの暇つぶしなミニゲーム集合体的な感が否めない。
その辺が懸念。

そして、もっと注目されていいのが通信の機能。
ピクトチャットだけでかなり楽しげに遊べそうだし、『大合奏バンドブラザーズ』も、
通信の楽しさを体感できるのは間違いなさそうだし。

で、俺に照らし合わせてみると、友達に持っていたり、買う予定な人が
全くいないので、通信できなーい!よって魅力半減。
この環境が変われば衝動買いはありえる。



PSPについて。
平林氏のブログに、俺がモヤモヤと頭の中にあった考えを書かれていたので
やっぱ評論家って明確に文章化できてすげぇな、と。

俺が強引にまとめてみると、「持ってることに意味があるアクセサリ的な」
マシンなんだ、と。
今で言うとiPodみたいなものだし、ニ、三年前だったら
携帯の新しい機種を持つようなステイタスシンボルなんだ、と。
その辺、やっぱSONYはVAIOみたいなオシャレなデザインを
見せるのがうまいなという感じです。

「スタバでゲームやってサマになるハード」という一行はいいなぁと思う。

そうなんですよね、大人がやってサマになるハードってのは大人にとっては
意外と大切なんですよね。ゲーム以外のこともできるってのも、
PSPを持つエキスキューズの一つになりえるし。

このPSPはゲーム機なのか、色々ある機能の一つとしてゲームもできるけど…
という議論はSONY製ゲームには付きまとうもんなんですけど、
実際、ゲーム以外の機能って使うと思います?
話が少し飛んだ上に、仮に手に入れたとして。

個人的な話で申し訳ないけど、音楽的機能はiPod持ってるので
特にいらないし、映像が見れる機能も俺的貧乏性にはとんでもねぇですよ。
移動先で気軽に見れるから売りだと思うんだけど、
映画なりなんなりをそんな小さな画面でみたいとも思わないんですよね。
それに規格がPSP専用で、専用のメディアを買わなきゃいけないのが、
俺にはまず無理だわ、と。最低3000円はするだろうそれは、
2~3時間の娯楽としては少し高い気がするのよね。
だったらゲーム買って10~30時間くらいの移動中の娯楽とした方が
俺はいいのね、俺は。
理想はツタヤに寄って借りて、それを移動中なりちょっと空いた時間に見て
帰りに返すという感じだが、それが成立するのはまだまだ先のような
気がするしね。
機能がついてる分にはいいけど、とりあえずゲームしかやらねぇよ俺は、
ってな私的な結論が出たわけで。



長々と書き連ねてきて、「PSPバンザーイ!」みたいな文になってしまった
けれども、DSも異質なタッチパネルで新しいハマれるゲームが出てきたら
手放しでベタ褒めすると思うし、また周りが急に持ち始めたら
衝動買いする気満々ですもん!ピクトチャット、メチャやりたいですし。

ただ、こういう新しいゲーム機、とくに携帯ゲーム機は環境が大切だなぁ
と思ったんですよ。あと自分が大人だという立場とか…。
だからPSPが欲しいというか、買う予定でいます。

が、携帯ゲーム機として連続使用時間が短いという致命的な欠点が
目についてしまって、未だ買うに至らず。
バッテリーが改良されるその日までとにかく待ちます。



話があっちこっち行ったり、まとまっていなくてごめんなさい。
漠然と書き散らかした上にキチンとまとめるのがめんどくさくなったという
最悪な理由で今日の日記は締めさせていただきやす。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-23 00:00 | ゲーム
2005年 01月 21日
ジャスミン焼酎はもうないのか?
どうも、ケミカル・ブラザーズの新譜が
CCCDなので買いません、グラッツェ!です。



ちょっとした用事で横浜に行って来たので、ジャスミン焼酎を探せ、
第二弾でございます。

結果的には惨敗でした。売ってないものに対して欲しくなる心理には
自信がある俺でしたが、一応大手の百貨店を巡るもありませんでした。
意外と商店街系の酒屋にあったりするのかなぁ。
成城石井とそごうの地下にはお酒を売るスペースがたくさんあったが、
そこにもナシ。
店員さんに聞いてみればよかった…。

ただ、明らかに聞いた事がない焼酎があって、目当てのものがないのは
もうアウトってことなんでしょうかね。
「栗焼酎」や「ニンジン焼酎」って何だよ!と思いましたもん。
あと、意外と「しそ焼酎」が結構どこでもあって驚きでした。
くっそー、今度は都内に出かける予定ができたら意地で探してやる。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-21 00:00 | 日記
2005年 01月 20日
スーパーサイズ・ミー
どうも、韓流ブームが早く終わらないかな、と思うグラッツェ!です。



映画『スーパーサイズ・ミー』を観てきました。
映画館の中で持ち込みのマック、特にポテトの匂いが凄まじかった。
そんな中、俺もすでにマックを食べて行ったんですけどね。
こう、見てから食べるのもいいんだけど、食べて観てから後悔するのも
面白いのかな、と思ってね。
で、観終わった後はやっぱりちょっと気持ち悪くなったよ。

壮絶な人体実験はいいけれども、そこを踏まえての
煮詰め方が甘いような気はしたけれども。
個人的にはマイケル・ムーアばりの突撃取材をマックのお偉方にして欲しかった。
ドキュメントで、ヤリダマに挙げようとしている連中に取材をしないで
そのまま終えるのもどうかと思うしね。


そんな多少の不満は残るけれども、その中で怖ええと思ったのが
子供への洗脳のためにあの手この手を使う戦略。
ドナルドなんかのキャラクターもモロその一環だし。
俺の場合はロッテリアにファーストフードへの懐かしさを感じる。
祖父と行った思い出がロッテリアを特別なものにしてる気がするし。
そんな強力な洗脳が次の肥満を作ると思うと寒気するね。

付け足しで劇中でのアメリカの子供たちの給食がありえない。
子供の頃は憧れるようなメニューも今は絶対食いたくない感じだよね。
日本人でよかったよ、あんなクッキーやらフライドポテト食ってたら
肥満になるって。


とにかく、俺の今の食生活の不健康さと運動不足について反省して
ファーストフードへ習慣的に行くのはやめようと思ったのでした。
その意味ではいい映画でした。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-20 00:00 | 映画
2005年 01月 18日
今更ながら2004年俺的ゲームTOP10
どうも、小野リサの歌声にうっとり、グラッツェ!です。
これで気持ちよく晴れた日とうまいコーヒーさえあれば幸せですな。



ゲームというカテゴリを立てていながら、未だゲームについて丸々書いたことが
なかったので今更感出まくりなんですけど、俺的2004年ゲームTOP10を。
個人的好みが前面に押し出されてますけど、どうぞ。



番外編
『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』 プレイステーション2

リメイクなので番外編ということで。
すごろく場にて鬼のようにプレイしたのは記憶に新しいです。

第10位 『ダーククロニクル』  プレイステーション2

プレステ2において割と初期に出たゲームだと思うんですけど、
ストーリー、ゲームシステム、やり込み要素など、高いレベルでまとまった
作品だと思う。惜しむべきはバトルが単調になりがちなのと、
ダンジョンのフロアの多さにうんざりする点だけかと。
ドラクエⅧも手掛けたレベル5が作ってます。

第9位 『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』  ゲームボーイアドバンス

小さくなった世界という新鮮さは抜群。
かけらあわせもゼルダならではのワクワク感を存分に出してくれてます。
アクションロープレの完成形の一つだと思うが、
クリアまでの時間が短いのが残念。

第8位 『スーパーマリオサンシャイン』  ゲームキューブ

今回のマリオは水を使って大活躍。
南の島を舞台に水を使ったアクションは爽快そのもの!
最初は難儀だった操作もいつの間にか高度なアクションができてる感じ
ってのは相変わらずすげえな、と思うわけですよ。
あとあんなに手に汗かいたのはあとにも先にもこれっきりじゃないかね。

第7位 『メタルギアソリッド3』  プレイステーション2

これをクリアしたのは最近なので印象に残り方は強いんですよね。
ストーリーからシステムに至るまで抜かりがないすげぇ作品だと思います。
この順位なのは、そんなにやり込んでないからかと思う。
ぜひ、1から通してやってもらいたいゲーム。
アクションゲームとしては結構難しいけれどね。

第6位 『マリオカート ダブルダッシュ』  ゲームキューブ

この誰もが熱中できる感じってのは正直すごいの一言ですな。
初めて触る人でも熱中できるっていう。
それでいてタイムアタックはシビアにいかせるっていう。
万人にお薦め。

第5位 『ピクミン2』  ゲームキューブ

『1』との違いは日数制限がないこと!
それでいて、ダレないのは少しずつ難易度が上がっていて、
その難易度の上がり方も、多彩という方向に向かっていて
やっぱり任天堂ブランドはすげえっすな。
それと洞窟という存在も、『1のようなピクミンの物量作戦が通用しなくなった
という点で侮れなくなったと思う。

第4位 『逆転裁判3』  ゲームボーイアドバンス

俺が猛烈に好きな逆転裁判シリーズにおいても
最高の難易度を誇ると思う第三作目。
正直どうしようもなく分からなくなる時があるんですけど、
それでも逆転に次ぐ逆転は最高に熱いです。
DSを買おうか悩ませているシリーズ。

第3位 『ピクミン』  ゲームキューブ

ゲームキューブを買ったのが2003年年末だったんですけど、
このゲームとゼルダのためにゲームキューブを買う価値あると思う。
日数制限という枠の中で、いかに効率的にピクミンを使うか。
一日の長さが絶妙で、次の日もやりたいと思わせる麻薬性は恐怖。
今でも俺をときどきやりたくなるくらいにさせるのはすげえと。

第2位 『ゼルダの伝説 風のタクト』  ゲームキューブ

このゲームのおかげで大学生活で大切なものを残せなかったという、
ある意味で悪魔的なゲーム。
海を舞台にアニメ的なグラフィックでリンクが大活躍。
海を船で移動することで、色々な発見があり、
とてつもなくワクワクさせてくれるというゲーム。
実際のところ宮本イズムに感服。
『LEGEND OF ZELDA(仮)』も楽しみです。

第1位 『ドラゴンクエストⅧ』  プレイステーション2

栄えあるトップの座はやはりドラクエです俺的に。
ゲームファンなら誰もが待ち望んだドラクエ新作。
リアル指向になった今作は賛否両論だと思うんですけど、
それでもこのグラフィックは俺的に大肯定!
移動のもどかしさは確かにあるけれど(船に乗るのがかなり面倒だったり)
そのマイナス点を考えても余りあるくらいだと俺は言いたい。



と、まあこんな感じなんですけど、ここにある順位はあってないようなもので、
ここに挙げた11本は個人的に買ってハズレなしだと思います。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-18 00:00 | ゲーム
2005年 01月 17日
ジャスミン焼酎を求めて
どうも、自分でも最近どうかと思い始めた、HNがグラッツェ!です。
しかも「!マーク」が薄ら寒くなってきたー。

mken1017さんのブログで話題になった、ジャスミン焼酎を求めて川崎に行ってきた。
あるかどうかかなり微妙だったんですけど、
探した場所が悪かったのか、ありませんでしたよ。
百貨店の食品売り場を中心に、川崎BEやモアーズやさいか屋あたりを
中心に見てみたんですけどないですわ。
ワインはいっぱい売ってたけれど、無難な焼酎しか置いてないかー…。
BEで「しそ焼酎」なるものが売ってたのが唯一の変り種焼酎ときたもんだ。
個人的に気になる牛乳焼酎共々、今後も探していきたいと思う。



今週のジャンプの『デスノート』でついにライトがあの悪い顔になった!
ストーリー的にライトとLが協力するという中だるみから、
ようやくまたライトとLが対決しそうになるのでまた楽しみだ。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-01-17 23:48 | 日記