2005年 12月 09日
『マリオカートDS』がヤバイ
『マリオカートDS』がヤバイです、もちろんいい意味で。

NINTENDO64ばりの画面と、良好な操作感覚。
コース数も32あり、また、そのうちの半分は過去のシリーズの
コースを再現してあり、ファンにはうれしいです。
Wi-Fi対戦してても、この人はスーファミで鍛えたんだ!て
分かるくらいに、今まで4位に沈んでいたとは思えないほど
さっきまでとは全く違うコーナーリングを見せたりして、
チャットもなくただレースをしているだけなんですが、
その人が垣間見えた気がして面白いです。
特に、SFC・マリオサーキット1では、それが顕著な気がします。
下手に選ばれると、驚きます、他の人の動きに。

後はなんだろうな…「面白い」と書いておけばそれで
通じると思うので、とりあえずWi-Fi対戦の感想などを書きますか。
多少、用語っぽいのも入りますが、一応解説なども入れますんで。

スタートダッシュは必須ですね。
タイマンで失敗して黒い煙が出てよじれる動きをして、
相手がスタートダッシュをしてきたら、間違いなく負けます。
タイミングは、2の数字が出て、一瞬間を置くぐらいで
アクセルボタンを押してますが、どうなんですかね?
これが説明書に載ってたらやだな、開いてもいませんからね。

一人用では、アイテムボタンを押しっぱなしで、
バナナや亀をストックできたんですが、それができないのを
たまに忘れて、アイテムの使い方を間違えます。
ちょっと調子狂いますね。

ゲームとか適当にさんのブログで知ったスリップストリームも結構熱いです。
相手の後ろに一定時間いると、加速することができるんですが、
かなり加速するのでゴール前で競ってるときにはこれで
決まったりするのかな?俺はまだその経験はないが…。
もちろん、相手がアイテムを持ってるときは注意です。
下画面に、コースと相手が持ってるアイテムなんかも見れるので、
チェックが必要かもしれないですね。

ミニターボが難しい。
ミニターボというのは、ドリフト中に、十字キーを←→(俺はこうやってます)に
入れるとドリフト中の煙の色が変わり、もう一度同じように入力すると
また煙の色が変わり、その状態でドリフトをやめると
ちょっとした加速することができ64の頃からあるものですが、
これが難しい。
無理にミニターボを入れてコーナーリングに失敗することが
あるので、その辺練習しなきゃ勝てる気がしない…。

直ドリというは、直線ドリフトの略で、直線のコースでも、
無理にドラフトをかけてミニターボを出すテクニックなんですが、
どうなんでしょうね?これ?
さっき、ゴール前でメチャ競ってるときにやって勝っちゃったので、
多分これって最悪でしょうね。
熱くなってつい、ね。

後は、コースを覚えてアイテムを効果的に使って(フェイクの
アイテムボックスをアイテムボックス地帯に仕掛けるのは基本ですが、
一直線ではないアイテムボックス地帯では特に
効果的なんですねー)いけば勝てるか?


で、俺はというと、対戦する人が強くて参ってます。
約400勝300敗っていう人がいて、どこをどうすれば
こんなに差がつくの?ってくらい凄い人がいた。
一生勝てないなーって思うくらいの。
そうでなくても、自分はいかに井の中の蛙だってことを
嫌ってほど味わわせてくれますなー。

いや、メチャメチャ楽しいんですが、勝てなきゃ面白くないですしねー。


マリカーに常に対戦相手が用意されている、そしてその対戦が
毎回毎回熱すぎるので、その麻薬性は物凄くて、
いつまでもやっていたい欲求があるのも困るんですが、
その熱さと熱中度で、どっと疲れるんですよね。
ゴール前競ると特に。

なので、その熱中と持続の折り合いをどうつけるかしないと
えらいことになります!マジでこれ一日中できるな。
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-12-09 00:00 | ゲーム


<< 面白いよ『マリオカートDS』      『おいでよ どうぶつの森』の通... >>