2005年 07月 02日
「.s」(ドッツ)を買ってきた
どうも、skypeをやってました、グラッツェ!です。
ちゃんと普通の電話って感じで凄いっす。



ダース・ベイダーのフィギアを買おうと川崎の東急ハンズに
行ったら、「.s」と書いてドッツと読ませるおもちゃが売ってて
即買い。もちろんダース・ベイダーも。
ついでにベア・ブリックシリーズ10も買ったんですが、
2個めにしてホラーのがダブるという、引きがいいんだか
悪いんだか分からない俺でした。

話を元に戻して、ドッツ。
穴が空いているボードに、ピンを刺してドット絵を作ろうっていう
キットなんですが、面白いわ、これ。
スーパーマリオのセットAってのを買ったんですが、
ピンを差し込んでいくとどんどん出来上がる絵は凄くうれしい。
しかも、説明書には7種類くらいサンプルが載ってて、
作り替える楽しみもあるし、HPで新しいサンプルも
公開するとのことなので、応用力のある、LEGOみたいな
おもちゃでこりゃあ面白い。1セット1000円と、それなりの値段ですけど、
買い揃えていきたいと思います。

c0020381_201080.jpg


俺が作ったのは、立ってるマリオと、トゲゾー。
ボードを二つつなげて、キノコ取ったデカマリオも作れます。
他には、死ぬときのマリオやジャンプしてるマリオ、キノコ、
踏んだ後のノコノコとかがありました。
今から第二段が楽しみ。

それにしても、自分で作ってみると、ドット絵マリオがたった3色で
構成されているのに驚いた。
そして、マリオがこんな鼻がでかくてヒゲがなことも、
ドット絵を作る上で、こういう顔にせざるをえなかったという話を
作りながら思い出しました。
鼻を大きめにしないと鼻だと分かりづらい。
鼻の下にヒゲをつけることによって、口を表現することになる等の、
工夫の結晶としてのこのマリオの顔を自分で作って
実感できた感じでした。オーバーオールも、そんな理由なんでしょうね。

ちなみに、公式HPはこちら
[PR]

by lion_of_the_nemea | 2005-07-02 00:00 | おもちゃ


<< 『影牢2』が終わりました      こういうの作れる人ってすごい >>